【北海道】タクシードライバー求人おすすめ7選!各タクシー会社の特徴を徹底比較 【北海道】タクシードライバー求人おすすめ7選!各タクシー会社の特徴を徹底比較
更新日:2024.01.17

北海道でおすすめのタクシードライバー求人7選をご紹介します!

さまざまな業界があるなかで、これから需要が高まっていくとされているのがタクシー業界です。タクシー業界は今よりも稼ぎたい方や、自分らしい働き方がしたい方の希望を叶えてくれる場所になるかもしれません。

しかし、北海道でタクシー会社に就職や転職を検討する場合、タクシー会社の数も多く、それぞれ社風や給与などもさまざまなので、

・どの会社を選べばいいの?
・タクシードライバーは稼げるの?
・タクシー業界に将来性はある?

といった疑問や課題が生まれると思います。

そこで当サイトでは、北海道でタクシー会社に就職したい方の疑問や課題解決に役立つ情報をまとめてご紹介しています。

福利厚生や給与など、こだわりで選ぶおすすめのタクシー会社や、タクシードライバーになるうえで知っておきたい情報のほか、WEBアンケートを実施して、実際にタクシードライバーになった方の口コミや評判についてもまとめてご紹介していきます。ぜひご紹介する内容を参考に、自分に適したタクシー会社を見つけて自分らしい働き方をしましょう。

北海道でおすすめの
タクシードライバー求人7選!

HKグループ

HKグループ

おすすめポイント

ポイント1 充実の福利厚生
ポイント2 時間外労働・過重労働ゼロ
ポイント3 北海道に6拠点ある大手グループ

福利厚生が充実している!時間外労働や過重労働はゼロなので安心!

HKグループは、北海道に6社、東北に2社、関東に2社拠点があり、タクシーの認可台数1022台を超える大手グループです。世界に誇れる品質の高い接客とサービスを提供していることが大きな魅力となっています。

福利厚生がとても充実しており、タクシードライバーに必須となる二種免許の取得費用の全額補助や、入社祝金、家賃補償制度、シングルマザー応援制度といった様々なものが用意されています。将来の管理者候補生の育成を基本としているため、乗務職と管理職の両方を学べる管理者乗務員制度も存在します。

基本情報

給与(例)日勤・夜勤・隔日 月給16 万 6,080 円+歩合
雇用形態正社員、嘱託社員、パート
勤務形態日勤、夜勤、隔日勤務
待遇入社祝金制度、給与保障制度、免許取得支援制度、託児所・保育園との提携など
必要な資格・経験学歴・経験不問 、普通自動車免許二種取得者または一種免許取得後3年以上(どちらもAT車限定可)
会社情報札幌交通株式会社
北海道札幌市厚別区厚別中央1条1丁目1番25号交運ビル1階

HKグループへのアクセス

SKグループ

SKグループ

おすすめポイント

ポイント1 年2回賞与あり
ポイント2 福利厚生が整っている
ポイント3 未経験者も歓迎

賞与年2回!二種免許を持っていれば入社時に30万円の貸付金制度利用可能!

SKグループは定年退職者と未経験者を歓迎しています。2種免許を持っていなくても62歳までは要請してもらえるので安心です。

提携自動車学校で、会社負担で免許の取得ができるうえ、入社後も女性スタッフから丁寧に指導してもらうことが可能です。62歳までの2種免許を持っている人は、入社時に30万円の貸付金制度を利用することもできます。

基本情報

給与(例)歩合制:売上の50~55%
雇用形態嘱託社員、定時制社員
※正社員登用あり
勤務形態日勤、夜勤
待遇賞与年2回、各種社会保険、教育制度、車通勤可、制服支給など
必要な資格・経験・定年退職者歓迎
・経験不問
会社情報三和交通株式会社
北海道札幌市北区新琴似4条16丁目5番16号

SKグループへのアクセス

互信グループ

互信グループ

おすすめポイント

ポイント1 初めてでも安心
ポイント2 社員教育が充実
ポイント3 女性の活躍も応援

初めてでも働ける環境が整っている!無線配車に確かな自信を持つ!

互信グループは入社するにあたって初めてタクシーの免許を取って働き始めたという人が多く、未経験者に優しくなっています。そのため、20代から60代まで、長く勤めている人も多いです。

無線配車に自信を持っていて、一日のうち半数以上が電話やアプリで予約をしてきた顧客という割合になっているほどです。女性の活躍も応援しています。

基本情報

給与(例)記載なし
雇用形態記載なし
勤務形態日勤、夜勤
待遇入社祝い金、つり銭準備金、2種免許取得費用負担など
必要な資格・経験経験不問
会社情報互信ホールディングス株式会社
北海道札幌市南区南34条西11丁目7-1

互信グループへのアクセス

第一交通産業グループ

第一交通産業グループ

おすすめポイント

ポイント1 全国に展開している
ポイント2 研修の質が高い
ポイント3 管理職登用制度もある

全国34都道府県に展開!業界のリーディングカンパニーとして充実の研修を提供!

第一交通産業グループは、全国に展開しているタクシー業界のリーディングカンパニーといえる存在です。そのため、それにふさわしいサービスの提供を目指して乗務員の育成に力を入れています。

入社時の研修はもちろんのこと、入社後も安全研修や営業勉強会といった充実した研修を随時行い続けているのです。福利厚生もしっかり整えられています。

基本情報

給与(例)完全固定給制:月給25万円
雇用形態正社員、契約社員
勤務形態日勤、夜勤
待遇2種免許取得費用全額負担、管理職登用制度、寮・社宅完備、退職金制度など
必要な資格・経験・普通1種免許取得後3年以上経過
・経験不問 など
会社情報第一交通産業株式会社
福岡県北九州市小倉北区馬借2丁目6番8号

第一交通産業グループへのアクセス

金星自動車

金星自動車

おすすめポイント

ポイント1 未経験出身が多い
ポイント2 社内の雰囲気がよい
ポイント3 設備への投資に積極的

未経験出身者が70%以上で育成・教育実績が豊富!無借金経営を続けているので安心!

金星自動車のドライバーは70%以上が未経験スタートです。育成・教育実績が豊富なので、未経験の状態からタクシードライバーになりたいと考えている人におすすめです。

業界では珍しく無借金経営を続けているため、経営面についてもまったく心配なく、経営が安定しているからこそ可能な従業員への好待遇も特徴となっています。

基本情報

給与(例)月収20~30万円以上
雇用形態正社員、嘱託社員
勤務形態日勤、夜勤
待遇各社会保険完備、駐車場完備、表彰制度など
必要な資格・経験・普通免許取得後3年以上
・経験不問
会社情報金星自動車株式会社
北海道札幌市清田区北野1条1丁目9番1号

金星自動車へのアクセス

東邦交通

東邦交通

おすすめポイント

ポイント1 柔軟に勤務時間を調整できる
ポイント2 サポート体制も万全
ポイント3 キャリアアップも目指せる

札幌エリアではトップクラスの好待遇!働き方を自由に調整できる!

東邦交通では、シフトや勤務時間は柔軟に対応してもらうことができるようになっています。仕事と家庭を両立させたい場合も、問題なくこなしていけることでしょう。

サポート体制も充実していて、未経験者に向けた2種免許養成制度、免許取得後の研修制度といったものが用意されています。安全運転のスキルを習得するための支援体制が万全です。

基本情報

給与(例)完全歩合制:売上48万円の場合…月給26万1,600円
雇用形態記載なし
勤務形態日勤、夜勤、隔日勤務など
待遇社会保険完備、保育支援制度、表彰・退職金制度など
必要な資格・経験・第一種普通自動車運転免許(AT限定可)
・経験不問
会社情報東邦交通株式会社
北海道札幌市西区発寒14条11丁目1-15

東邦交通へのアクセス

平岸ハイヤー

平岸ハイヤー

おすすめポイント

ポイント1 長い歴史がある
ポイント2 雰囲気がとてもよい
ポイント3 しっかりとした教育体制がある

1958年創業の老舗タクシー会社!地域と人への貢献を目指している!

平岸ハイヤーは1958年に創業された、とても長い歴史を持つ会社です。社内の雰囲気がとてもよく、乗務員をはじめとして内勤スタッフに至るまで働きやすいよい雰囲気を持っています。

やりがいのある職場づくりをめざしているため、確かなやりがいを感じながら仕事をしていきたい人におすすめです。二種免許養成制度もあるので、未取得の人でも安心です。

基本情報

給与(例)月収20~30万円以上
雇用形態記載なし
勤務形態日勤、夜勤
待遇各種社会保険完備、共済制度など
必要な資格・経験・21歳以上
・二種免許養成あり
会社情報平岸ハイヤー株式会社
北海道札幌市豊平区平岸二条4丁目5-15

平岸ハイヤーへのアクセス

タクシードライバーについて

北海道でタクシー運転手は儲かる?今後のタクシー需要を独自調査!

「北海道でタクシー運転手は儲かる?今後のタクシー需要を独自調査!」の画像

これから北海道でタクシードライバーを目指す方が気になるのが、本当に儲かるのかどうかということではないでしょうか。タクシーは乗客がいなければ成り立たない業界なので、需要が高まっているときでないと不安を感じやすいものです。ここでは今後のタクシー需要について解説していくのでぜひチェックしてみてください。

旅行者数の回復で観光タクシー需要が増える予感

2020年からの新型コロナウイルス感染症拡大により、旅行を控える方が増えていたことで、タクシー業界を含む旅行関連産業は大きく集客や売上が落ち込んでいました。とくに外国からの観光客が減少したことは、旅行業界にとって大きなダメージになっていたのです。

しかし2022年に入り、行動制限が解除となってからは国内旅行を再開する方も増え、徐々に旅行関連産業に回復の兆しが見えてきました。そして北海道においても、旅行客の数は回復してきています。

実際に2020年と2022年での来道者数増減比は+246%(令和5年来道者輸送実績より)となっており、さらに2023年には円安などの影響もあり、外国人観光客の数は急激に増加しています。また国内でもコロナ禍に控えていた分の旅行を楽しむ方も増えており、国内旅行者数の数も回復しています。

それに伴って高まっているのがタクシーの需要です。今後もますますその需要は高まっていくとされていますが、その一方でタクシー会社の多くは人手不足の問題を抱えており、採用に力を入れている会社も少なくありません。このようなことから、現在タクシードライバーへの転職や就職がしやすい時期であるといえるでしょう。

超高齢化社会に向けて介護タクシーや乗合タクシーの活躍に期待

タクシーの需要が高まっている理由は旅行客の増加だけではありません。日本ではすでに高齢化社会となっていますが、今後はさらに高齢者の割合が増え、超高齢社会に推移していく見通しです。

地域行政局市町村課調べの「振興局市区町村別年齢5歳階級別人口」を見てみると、2023年の道内の65歳以上高齢者人口は約30%となっており、北海道でも3~4人に1人は高齢者ということになります。そして、高齢化社会、超高齢社会での高齢者をサポートする役割として介護タクシーや乗合タクシーなどが注目されています。

すでに介護タクシーや乗合タクシーのサービスを提供しているタクシー会社も増えており、そのためにも人材を必要としているタクシー会社も多いです。このように、タクシー業界はさまざまな方面で今後も需要が高まっていくと見られていることから、タクシードライバーは将来性のある職業だといえるでしょう。

ボーナスはもらえる?タクシードライバーの手取り年収とお給料事情を解説!

「ボーナスはもらえる?タクシードライバーの手取り年収とお給料事情を解説!」の画像

タクシードライバーになるとどのくらい稼げるのかというのは、これからドライバーを目指す方が気になるポイントです。ここではタクシードライバーの平均年収や、ほかの業種とは少し異なる給与形態についてご紹介していきます。

タクシードライバーの平均年収

タクシードライバーの平均年収は、一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会調べの令和元年実績において、481万円となっています。多くのタクシー会社は歩合制を設けており、その比重が大きい会社に所属している方のなかには、年収1,000万円を超える方もいるようです。

ただしあまり働く意欲がなく、サボってしまいがちな方は年収300万円を切ることもあるので、年収はやる気に左右される傾向にあるといえます。やるべきことをしっかりとやっていれば、年収500万円~700万円は狙える職業となっています。

給与形態は固定給・固定給+歩合制のどちらかが基本

タクシー業界の給与形態はいくつかありますが、北海道のタクシー会社では固定給または固定給+歩合制のどちらかを採用していることが多いです。固定給は一般的なサラリーマンに近い給与形態で、売上や走行距離などに関係なく、基本給と各種手当てなどのあらかじめ決められた金額を受け取れる給与形態です。

安定した給与を得られるという安心感はありますが、一方で高収入を得るのは難しいといえます。また固定給の場合は勤務時間や休日も決まっているのが基本なので、プライベートな時間を確保しやすいですが、休日に関する自由度が低くなるというデメリットも存在するでしょう。

固定給+歩合制の給与形態は、固定給に加えて歩合給やボーナスが含まれるタイプで、売上や走行距離にある程度給与が左右されます。昨今多くのタクシー会社で取り入れられているのはこのタイプで、安定した給与が確保されながらも、頑張った分は反映されるのでメリットが大きい形態でもあります。

ただし、タクシー会社によっては固定給と歩合の割合が大きく変わることがあるので、どのような方法で給与が決定するのかを事前に確認しておくことが大切です。

ボーナスをもらえる会社もある

ご紹介したような給与形態の場合、ボーナスを支給している会社もあります。どちらかといえば固定給+歩合制の給与形態のほうがボーナスは多い傾向にありますが、会社によって金額の決め方も異なるので一概にすべての会社がそうであるとはいえません。

また固定給+歩合給の給与形態の場合は、自分の売上の数%が積み立てられ、それを年に2~3回に分けて受け取るケースが多いため、一般的なボーナスとは異なります。固定給のみの会社であれば、一般的な意味合いと同じボーナスが支給されることが多いと考えていいでしょう。

                   

「タクシードライバーとして転職する際に重要視するポイントはどこですか?」WEBアンケートで調査!

ここまで、タクシードライバーについて解説させていただきましたが、実際にもしもタクシードライバーに転職するとしたら、どのようなポイントを重視したいと考える方が多いのでしょうか?

今回は「タクシードライバーとして転職する際に重要視するポイント」についてアンケート調査を行いました。それでは結果の詳細をみていきましょう。

   「タクシードライバーとして転職する際に重要視するポイントはどこですか?」のアンケート画像

第1位は「給与形態」でした。月々の報酬や給料に関わる給与形態を重要視する方が最も多い結果となりました。タクシードライバーは多くの場合基本給+歩合給になっています。がんばった分が収入に反映されやすいため、やりがいを持ってバリバリ働きたい方にも合っているでしょう。

また、中には家賃補償制度や奨学金サポート制度などの優遇制度を設けているタクシー会社があります。家賃補償制度は実家を出て一人暮らしをしたい方にとってかなり大きな助けになるでしょう。

また、奨学金サポート制度とは大学卒業後の奨学金返済の一部を会社が負担するというものです。この制度があれば奨学金が返せなくて苦労することなく、しっかり仕事に集中できます。ぜひこのようなタクシードライバーにうれしい制度を設けているタクシー会社で働いてください。

第2位は「休みがとりやすい」でした。希望休や有給休暇などの休みがとりやすく、仕事はもちろんプライベートも充実させながら働けるタクシー会社を選びましょう。

第3位は「職場の雰囲気」でした。安心して心身健康に働き続けられるよう、職場の雰囲気を重視することも大切です。社内の風通しがよく、困ったときは上司や同僚に気軽に相談できる環境が整っているタクシー会社に入社しましょう。

アンケートの結果は以上となります。次の見出しではタクシードライバー求人の選び方のコツについて、詳しく解説させていただきます。

                   

タクシードライバー求人の選び方のコツ

「タクシードライバー求人の選び方のコツ」の画像

タクシー需要が高まっていることからタクシードライバーの求人も増えていますが、多くの求人があるなかで、どれに応募するべきか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そんな方のために、ここではタクシードライバー求人を選ぶ際にチェックしたいポイントをご紹介します。

観光地・ビジネス街などタクシーの需要がある地域か

まず営業エリアについては、観光地やビジネス街といったタクシー需要の高い地域であるかをチェックしましょう。このようなエリアはつねに乗客の数が多いため、売上に繋がりやすく稼ぎやすい地域であるといえます。タクシードライバーになって今よりも多く稼ぎたいという方は、このようなエリアを拠点とするタクシー会社を選びましょう。

タクシーの保有台数が多いか

タクシーの保有台数の多さも、売上に繋がる部分です。台数が多い会社はそれだけ多くの方に選ばれているということであり、稼ぎやすいことを意味しているからです。1社あたりの平均台数は300台程度とされていますが、北海道の場合は平均を下回っていることも多いようです。北海道全体の一般的なタクシー保有台数を見ながら、多くの台数を保有しているタクシー会社を選びましょう。

二種免許を取得する費用を負担してもらえるか

乗客から料金をもらって運行するタクシードライバーのような仕事をするためには、必ず二種免許を取得しなければなりません。この取得には普通免許と同じように費用がかかり、基本的に20万円~30万円が相場となっています。

タクシー会社選びの際には、この費用を全額負担してくれる会社を選ぶのがおすすめです。ただしなかには一旦取得費用を肩代わりし、分割して給与から天引きされるケースもあるので、どのような対応を行っているのかを事前に確認することが大切です。

入社祝い金があるか

タクシードライバーの確保のために、入社祝い金などの制度を設けているタクシー会社も増えています。就職や転職したばかりの頃は生活への不安も感じやすい時期なので、まとまった金額を最初に受け取れると安心感があります。ぜひ祝い金などの制度も確認したうえで、タクシー求人を選びましょう。

給与の最低保障があるか

タクシードライバーは独り立ちするまでの間、また独り立ちしてからも慣れるまでの間は、ベテランドライバーのように多くの乗客を獲得するのは難しい場合もあります。

その期間は給与面での不安を感じやすいため、月間の売上に関係なく月収を保証してくれる制度があるタクシー会社を選ぶのがおすすめです。保証の金額や期間はタクシー会社ごとに異なるので、応募する前に確認しておきましょう。

福利厚生が充実しているか

福利厚生の充実度も、タクシードライバー求人で注目したいポイントです。たとえば社宅や寮などが完備されているか、有給が取得しやすいかなどは働きやすさにも繋がる部分であるため、事前に確認しておきましょう。そのほかにも出産や子育ての休暇、娯楽施設やサービスの優待利用など、さまざまな福利厚生を提供しているタクシー会社もあるので、より働きやすさを感じられる制度を整えているタクシードライバー求人を選んでください。

タクシー会社で働くメリット・デメリット

「タクシー会社で働くメリット・デメリット」の画像

タクシー会社で働く前に知っておきたいのが、タクシードライバーになるメリットやデメリットです。就職してから後悔しないためにも、ぜひご紹介する内容をチェックして、自分に合った職業であるかを判断してみてください。

デメリット①:売上によって給与が変動しやすい

タクシードライバーの給与は歩合による部分も大きいため、売上によって給与が変動するというデメリットがあります。効率よく乗客を獲得するための時間帯やエリアなどを把握するまでは、思ったように稼げないこともあります。

そのため給与保証の制度があるタクシー会社を選び、保証期間内にしっかりと売上に繋がるようなノウハウを習得する必要があるでしょう。

デメリット②:一人でトラブル対応をすることになる

1人で仕事をするのが基本であるタクシードライバーは、万が一乗客とのトラブルやそのほかのトラブルがあった場合も、基本的に1人で対応しなければいけないというデメリットもあります。とくに深夜帯は酔っ払った方なども多いので、トラブルの対処法などをしっかりと会得して、冷静に対処できるようにしておくことが大切です。

メリット①:歩合制なら働いた分だけ稼ぎやすい

歩合が給与に影響するのはデメリットでもありますが、メリットでもあります。頑張って売上を伸ばせばその分給与にも反映されるので、ほかの業種よりも多くの給与を得られる可能性があります。この点は、タクシードライバーになって稼ぎたいという方には大きなメリットに感じられるはずです。

メリット②:ライフスタイルに合わせてシフトを組みやすい

タクシードライバーは基本的にシフトでの勤務となりますが、ライフスタイルに合わせた働き方ができるという点でもメリットは大きいです。シフトの組み合わせ方によっては時間の余裕が生まれたり、休みを長めに取得できたりすることもあるので、プライベートもしっかりと充実させたいという方にもおすすめです。

メリット③:観光地やその土地に詳しくなれる

乗客の目的地に合わせて走行するタクシードライバーは、仕事をしているだけで観光地やその土地のことに詳しくなれるというメリットもあります。ときには乗客から土地について、観光地についての情報を聞けることもあるでしょう。

詳しくなっていくと目的地までの最短のルートを把握しやすくなるなど、仕事に有利になる情報やノウハウを得ることができ、売上にも繋がっていくはずです。

メリット④:基本は一人で行動できるから気楽

タクシードライバーはオフィスなどの働き方とは異なり、基本的に1人で判断して1人で行動します。そのため人間関係についての悩みを感じにくく、とくに1人が好きな方にとっては気楽に仕事ができるでしょう。もちろん接客の必要はありますが、同僚や上司との関係にあまり悩みたくない方にとっては大きなメリットに感じるはずです。

北海道のタクシードライバーは稼ぎやすい?

タクシードライバーと聞くと、男性・高齢者・ベテランの3つを思い浮かべる方が多いでしょう。ひと昔前までは高齢者のベテラン運転手が多く働いていましたが、近年は女性のタクシードライバーも増えており、さまざまな年齢層の方が志望するようになりました。

そこで気になるのが給与形態です。一般企業のような「月額○○円」という提示がないため、不安に感じている方は少なくないでしょう。また地域によっても差があります。

ここでは、タクシードライバーの平均年収・給料について解説します。

平均年収はどれくらい?

タクシードライバーの平均年収は、約348万円といわれています。この調査は「全国ハイヤー・タクシー連合会」によって平成30年度に実施されたもので、サラリーマンの平均年収が約432万円であることを考えると決して高いとはいえません。

しかし、ドライバーの多くは60代以上であるため、同世代の平均年収と比べると高くなります。また人口が多い都心部や観光客が多いエリアも年収・給料が高くなりやすく、東京はサラリーマンの平均年収とほとんど変わりません。

一方で北海道は約308万円と平均よりも少し低くなっています。札幌市でも約307万円とそれほど高くないでしょう。

給料の仕組み

北海道でタクシードライバーとして働くためには、給料の仕組みについても知っておく必要があります。

一般的に、給与月額はA型・B型・AB型の3つで計算されます。タクシー会社によってどの形態を採用しているか異なるため、自身の働き方も考えながら就職・転職に役立ててみてください。

A型は、基本給+歩合給+賞与の形態を指します。近年はこの形態を採用しているタクシー会社はほとんどありませんが、ひと昔前までは当たり前のように用いられていました。

B型は、完全歩合制を指します。頑張れば頑張るほど給料に反映されるため、働きがいを感じやすいでしょう。

AB型は、A型とB型の中間形態になります。基本的な部分はA型と同じですが、タクシー会社によって基本給の部分が異なるため、どちらかというとB型のほうが強く出やすいといわれています。

北海道でタクシードライバーが稼ぎやすい理由

北海道のタクシードライバーの平均年収は決して高いとはいえませんが、ほかの地方とは違い観光スポットが多いため、タクシードライバーとしての需要は低くありません

とくに札幌市は毎日多くの観光客が訪れていますから、周辺エリアもベッドタウン化が進行し、タクシードライバーとして稼ぐには最適でしょう。

観光スポットが多い

一番の理由は、やはり観光スポットの多さです。1972年には冬季オリンピックが開催され、その後も都市部を中心に大規模な再開発が行われました。2035年には北海道新幹線の延伸計画も実現しますから、将来的にもますます観光客が増える可能性があります。

観光客が多い地域に欠かせないのがタクシーですが、市内においては交通網が発達しているため電車移動でも問題ありません。しかし駅から離れると車社会の北海道では移動が困難です。また冬になると積雪で電車の遅延が頻繁に起こるため、タクシー利用者がグンと増えます。

タクシー業界における北海道のメリットは?

タクシー業界において、北海道は働きやすい場所です。

とくに札幌市は年間をとおしてさまざまなイベントが開催されており、すすきのを中心に繁華街や歓楽街も多く点在しています。もちろん観光客だけでなく地元の人も昼夜問わず行き交っているので、移動手段のひとつとしてタクシーが欠かせません。

こういった人が多い場所や観光スポットは、タクシー業界にとって需要が高くなります。

北海道のタクシー会社で働くために、知っておかなければならない事

タクシー業界によって求人内容が異なるため、北海道でタクシードライバーとして働く方は事前に調査しておく必要があります。そうすることで、入社後の失敗を軽減できるでしょう。

確認しておきたい項目は以下のとおりです。

まず、無線グループ・エリアを選定し、自分に合ったタクシー会社を探します。無線グループにもいろんな種類があるので、じっくり調べましょう。

次に、勤務形態・有給休暇制度・賃金形態・資格です。とくに賃金形態は会社によって異なるため、きちんと確認しておく必要があります。資格に関しては、地理試験・二種免許など支援制度を調べておくと安心です。

また北海道はエリアが広いため、タクシー会社の数も豊富に存在します。自分に合った場所を見つけるには、周辺エリアのタクシー会社との違いを調べておくことも大切です。

ほかには、電子マネー・クレジットカード決済・アプリ配車・ナビゲーションなどの有無もチェックしておきましょう。遠方に住んでいる方はマイカー通勤ができるかどうか、駐車場代の有無なども調べておくと安心です。

寮があるタクシー会社もありますので、他県に住んでいる方は確認してみてください。

転職の計画を立てる

上記の項目だけでなく、自身が求めている条件と照らし合わせながら探すことも大切です。給料が高い求人はとても魅力的ですが、労働形態や教育、研修が自分と合わないと入社後に苦労してしまいます。

北海道にはいろんなタクシー会社があり、サポート体制や待遇、福利厚生なども異なります。周辺エリアの求人情報と自身を比較しながら、しっかり計画を立てましょう。

休憩や有給はとりやすい?タクシードライバーの働き方の特徴

「休憩や有給はとりやすい?タクシードライバーの働き方の特徴」の画像

タクシードライバーは働き方にも大きな特徴があります。勤務形態は「日勤」「夜勤」「隔日勤務」のパターンがあり、自分のライフスタイルに合わせた働き方が可能となっています。ここではタクシードライバーの働き方やスケジュールなどについてご紹介します。

シフトは日勤・夜勤・隔日勤務の3パターンが基本

基本的にシフト勤務としているタクシー会社が多く「日勤」「夜勤」「隔日勤務」という3種類のパターンがあります。日勤は一般的な会社員のように朝から夕方まで働く勤務形態で、おもな客層は病院へ向かう高齢者や仕事中の移動にタクシーを利用するビジネスパーソンです。地域によってはタクシーを定期的に利用する層がいることから、日勤でも十分乗客の確保ができることもあります。

夜勤は17時頃に勤務開始し、深夜2時頃まで働く勤務形態です。タクシーは終電を逃した方などが多く利用し、さらに割増料金になっていることから夜勤では客単価が日勤よりも上がります。また移動距離も日勤の客層より長めになる傾向にあるため、深夜料金と相まって高い収入が期待できるでしょう。

隔日勤務は簡単にいうと丸1日働いて、その翌日が丸1日休みというサイクルを繰り返す勤務形態です。稼働率が高くなることから多くのタクシー会社で導入されているパターンでもあり、基本的には朝6時~8時頃に勤務を開始し、休憩を挟みながら深夜1時~3時頃まで働きます。1日の勤務時間が休憩を含み20時間前後となることから、1か月の勤務日数は11日~13日程度となり、月の半分以上は休みです。

タクシードライバーの1日のスケジュール

タクシードライバーの仕事の大部分は運転です。1日の流れとしては、まず営業所に出社して点呼を行い、健康状態やアルコールのチェックをします。次に朝礼にて引き継ぎ事項の確認などをした後に、自分の乗車するタクシーの点検や清掃を行い、出庫します。

休憩は乗客を乗せていないタイミングを見て、自分で判断して取得することになるでしょう。とくに昼の時間帯は乗客数が減少する傾向にあるため、乗客が増える夕方以降の時間になる前に上手に休憩を取りましょう。

1日の勤務を終えたら営業所に戻ります。その日の売上金を入金して日報を提出したら、乗っていた車両を清掃して業務は終了です。シフトによって休憩時間や流れが異なりますが、基本的な働き方はこのようになっています。

隔日勤務なら3時間の休憩が義務付けられている

休憩時間は、ほかの職業同様に6時間以上の労働なら45分以上、8時間以上勤務する場合は1時間以上の休憩を取ることが法律で義務付けられています。またタクシードライバー特有の働き方である隔日勤務の場合は、3時間の休憩が義務付けられているので、勤務時間は長いですがしっかりと休憩を取ることができます

有給休暇は自分のペースで取りやすい

ほかの職業と比較しても有給休暇が取得しやすいのもタクシードライバーの特徴です。なぜならタクシードライバーは個人で仕事をするので、ほかのスタッフとの仕事の調整などがほとんど必要ないからです。そのため気兼ねなく有給休暇を取れるというメリットがあり、さらに連休と有給を組み合わせることで長期的な休みを取得することもできます。

                   

転職で失敗しないために自分に合ったタクシー会社を吟味しよう!

                   

今後もタクシードライバーの需要は高まっていくと見られていることから、現在多くのタクシー会社が人材確保や新人教育に力を入れています。求人も増えていますが、そのなかでも自分に適した会社を選び、自分らしく働くことが大切です。

まずは求人を見比べたり就職説明会・会社説明会などに参加したりしながら、より働きやすさを感じられるようなタクシー会社を見つけましょう。

新人や若手も活躍できる!新しいタクシー業界に向けた会社の工夫とは?

「タクシードライバーはきつい」そんなイメージはもう古い!

タクシードライバーという仕事には、きついイメージや稼ぎにくいというイメージを持っている方が多く、大きな変化をしなければならない時期にあるといえます。 次の世代にバトンを渡すために、これまでの型にとらわれたやり方で若手層の活躍を応援してくれるタクシー会社の魅力に迫ります。

安定感と稼ぎやすさを両立したいなら! 若手が活躍できるタクシー会社の強みを見てみる

【FAQ】よくある質問

  • 地理に詳しくないのですが、大丈夫ですか?
  • 多くのタクシー会社では車両にカーナビが搭載されているようです。また、会社によって研修期間中によく使う道について学んだり、配属後も勉強会で先輩から売上に繋がる地域やルートについて学ぶこともあるようです。
  • 二種免許を持っていないと応募できないのですか?
  • 二種免許を持っていなくても応募できる場合が多いようですが、入社後に取得する方が多いようです。
  • 女性の乗務員はいますか?
  • 最近は女性乗務員の活躍が増えてきているようです。子連れのお母様や、女性のお客様から「女性乗務員のタクシーに乗りたい」という要望も多く、積極的に女性乗務員を採用している会社も多いようです。
  • 勤務日の融通は利きますか?
  • 自分のライフスタイルに合わせて、昼日勤・夜日勤などシフトを自由に選択できるタクシー会社もあるようです。
  • タクシードライバーの定年はいつですか?
  • 会社により異なりますが、定年は60歳~65歳の間が多いようです。定年以降も健康に問題が無い場合、会社と本人とが話し合い、乗務が可能になる場合もあるそうです。
   

【エリア別】おすすめタクシー会社3選

【北海道】おすすめのタクシードライバー求人7社比較表

イメージ
会社名HKグループSKグループ互信グループ第一交通産業グループ金星自動車東邦交通平岸ハイヤー
給与(例)日勤・夜勤・隔日 月給16 万 6,080 円+歩合歩合制:売上の50~55%記載なし完全固定給制:月給25万円月収20~30万円以上完全歩合制:売上48万円の場合 月給26万1,600円月収20~30万円以上
雇用形態【札幌交通株式会社】正社員、嘱託社員嘱託社員、定時制社員
※正社員登用あり
記載なし正社員、契約社員正社員、嘱託社員記載なし記載なし
勤務形態【札幌交通株式会社】
日勤、夜勤、隔日勤務
日勤、夜勤日勤、夜勤日勤、夜勤日勤、夜勤日勤、夜勤、隔日勤務など日勤、夜勤
待遇【札幌交通株式会社】
社会保険完備、慶弔見舞金制度、マイカー通勤可(無料駐車場完備)、制服貸与、入社祝金、奨学金返済補助、二種免許取得費用会社負担、給与補償制度、家賃補助制度など
賞与年2回、各種社会保険、教育制度、車通勤可、制服支給など入社祝い金、つり銭準備金、2種免許取得費用負担など2種免許取得費用全額負担、管理職登用制度、寮・社宅完備、退職金制度など各社会保険完備、駐車場完備、表彰制度など社会保険完備、保育支援制度、表彰・退職金制度など各種社会保険完備、共済制度など
必要な資格・経験【札幌交通株式会社】
・学歴・経験不問・普通自動車免許二種取得者または一種免許取得後3年以上(どちらもAT車限定可)
・定年退職者歓迎
・経験不問
経験不問・普通1種免許取得後3年以上経過
・経験不問 など
・普通免許取得後3年以上
・経験不問
・第一種普通自動車運転免許(AT限定可)
・経験不問
・21歳以上
・二種免許養成あり
会社情報札幌交通株式会社
北海道札幌市厚別区厚別中央1条1丁目1番25号交運ビル1階
三和交通株式会社
北海道札幌市北区新琴似4条16丁目5番16号
互信ホールディングス株式会社
北海道札幌市南区南34条西11丁目7-1
第一交通産業株式会社
福岡県北九州市小倉北区馬借2丁目6番8号
金星自動車株式会社
北海道札幌市清田区北野1条1丁目9番1号
東邦交通株式会社
北海道札幌市西区発寒14条11丁目1-15
平岸ハイヤー株式会社
北海道札幌市豊平区平岸二条4丁目5-15
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト募集要項はこちら募集要項はこちら募集要項はこちら募集要項はこちら募集要項はこちら募集要項はこちら募集要項はこちら

【その他】おすすめタクシー会社

  • 札幌交通株式会社
    会社名札幌交通株式会社
    住所〒004-0051札幌市厚別区厚別中央1条1丁目1番25号 交運ビル1階
    電話番号011-891-7064
  • 旭川合同自動車
    会社名旭川合同自動車株式会社
    住所〒070-0010 北海道旭川市大雪通9丁目511番地1
    電話番号0166-24-2211
  • さくら交通
    会社名さくら交通株式会社
    住所札幌市東区北37条東22丁目7番12号
    電話番号011-781-7878
  • アカツキ交通
    会社名アカツキ交通株式会社
    住所〒002-8081 札幌市北区百合が原4丁目10番8号
    電話番号011-771-0456
  • 北都交通
    会社名北都交通株式会社
    住所本社:〒060-0042 札幌市中央区大通西6丁目10番11 北都ビル5F
    電話番号011-290-4000
  • 道南ハイヤー
    会社名道南ハイヤー株式会社
    住所〒041-0808函館市桔梗2丁目18番6号
    電話番号0138-47-0005
  • 北星タクシー
    会社名北星タクシー株式会社
    住所札幌市西区発寒10条2丁目1番12号
    電話番号011-665-8558
  • 朝日交通
    会社名朝日交通株式会社
    住所〒063-0804札幌市西区二十四軒4条1丁目5番地4
    電話番号011-644-6571
  • 大丸交通
    会社名大丸交通株式会社
    住所旭川市緑が丘南5条1丁目1番2号
    電話番号0166-66-2232
  • 相互交通
    会社名相互交通株式会社
    住所〒041-0812 函館市昭和2丁目39番22号
    電話番号0138-41-4331
  • 昭和交通
    会社名昭和交通株式会社
    住所〒007-0825 札幌市東区東雁来5条1丁目4番15号
    電話番号011-781-1525
  • 釧路交通
    会社名釧路交通株式会社
    住所〒084-0912 釧路市星が浦大通5丁目5番49号
    電話番号0154-52-3535
  • 共同交通
    会社名共同交通株式会社
    住所本社:〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条1-1-25交運ビル2階
    電話番号011-891-7060
  • フジ交通
    会社名フジ交通株式会社
    住所札幌市西区八軒6条西3丁目 1番7号
    電話番号011-631-7274
  • ハロータクシー
    会社名日北交通株式会社
    住所〒004-0811北海道札幌市清田区美しが丘1条3丁目1番1号
    電話番号011-888-8686
【PR】新人や若手も活躍できる!新しいタクシー業界に向けた会社の工夫とは?